高収入、高待遇のヘルス店で働きたい、ワガママな貴女に

女の子をしっかりサポート!働きやすいヘルスの条件

自分に適した職場で、やりがいのある毎日を

店のカラーに自分が染まれるかどうか

ヘルスなどの風俗店には、お店によってカラーがあります。
例えば、お姉さん系に強いとか、ロリ系の女の子が多く在籍しているとか。

普段からそのような格好をあなたがしているのであれば、問題ありません。
あなたが老け顔でも、ロリっぽいメイクの仕方など、お店は心得たものでしょう。

しかし、いざそうした「属性」を意識し、お客さんの前に立った時、あなたはそうした「キャラクター」を演じきることができるでしょうか。
いじめてほしいお客さんが来るお店で、あなたはお客さんをいじめ倒しつつ、ヘルスとして本来の業務をこなすことができますか?

そういう傾向の強みのあるお店というだけなら、あなたのイメージをそのカラーに近付ける必要はありませんが、もし、その「属性」を専門にしているお店ならば、自分にそれが合っているかどうか、考えるべきです。

合っていないのであれば、ただ苦痛になるばかりですから。

店の待遇を把握しよう

人と会うのが苦手という人もいるでしょう。
そんな人にも大丈夫なように、自宅待機し、お客さんの指名があった時だけ呼び出されるシステムのある店もあります。

また、待機する部屋も大部屋ではなく、個室でという店も最近は増えているようです。
なので、もし、そういう希望がある場合は、面接の際に確認するといいでしょう。

またお店の人間関係も大切です。
何よりも自分の上司になる相手が、自分と相性の合わなそうな人物では困りますね。
大抵、あなたの直接の上長となるのは、面接官だったりします。
その時、いろいろな質問をぶつけてみて、相手の反応を見てみます。
そうしたコミュニケーションで大体、相手の人となり、あなたと合うか合わないかは見極められるのではないでしょうか。

もちろん、うまくそうした本音を隠せる人もいますし、人心掌握術に長けた人もいます。
ですが、この人とは絶対に合わない、という生理的な感覚は信用していいものだと思います。


この記事をシェアする